ユーグレナとは

世界で起こっている問題の多くは食料や燃料の不足に起因しています。日本も例外ではなく、燃料の高騰は現在でも大きな問題となっています。そんな中、ユーグレナ藻を用いた食品や燃料に関する研究が活発になっていることをご存知だったでしょうか。ユーグレナ藻というと聞きなれない言葉かもしれませんが、「ミドリムシ」と言えばどんな方でも知っているでしょう。

ミドリムシは体調がわずか0.05mmという小さな微生物であり、小学校の理科の時間に顕微鏡で観察した経験をお持ちの方も少なくないでしょう。1660年代にオランダのアントニー・ファン・レーウェンフック氏によって発見され、ラテン語で「美しい眼」という意味を持つ「ユーグレナ」と名付けられました。ミドリムシは動物と植物の両方の特性を備えており、ビタミンやミネラルなど59種類もの栄養素を含んでいます。したがってミドリムシは普段の食事で足りなくなりがちな栄養素を補給するために大いに役立つのです。加えて近年さらに注目を集めているのがミドリムシから作るバイオ燃料です。石油が高騰している昨今の事情を考えると、ミドリムシからの燃料によって飛行機が飛ぶという時代もそう遠くないのかもしれません。

こうしたさまざまな利点があるミドリムシをぜひ知りたいと思われることでしょう。そこで当サイトではミドリムシことユーグレナの特徴をご紹介すると共に、将来的にどのように利用される可能性があるのかについて説明させていただきます。

◎特集
ミドリムシことユーグレナの商品を販売しているサイトです・・・ミドリムシ

Copyright © 2014 ユーグレナとは何だろう All Rights Reserved.